何から手を付けたらいいのか分からない

葬儀を執り行うとなるとやらないといけないことがたくさんあります。まず葬儀前に確認すべきことがありますので、頭に入れておきましょう。困った時は葬儀社に遠慮なく頼ってください。埼玉には口コミの評判が高い業者がありますので、安心して執り行うことができるでしょう。

後悔しないために!葬儀を執り行う前にやっておくべきこと

花

葬儀プランを決める

葬儀は故人との最後のお別れをするための儀式です。後で後悔しないためにもどのような内容の葬儀をしたいのか予め決めておきましょう。葬儀社と相談しながら決めるのも一つの手です。

葬儀

故人が信仰していた宗教を確認

生前信仰していた宗教がある場合、どのような宗教か、またどこの宗派なのか確認しておきましょう。宗教や宗派によって行うべき葬儀が異なってきます。

宗教ごとの葬式の特徴

キリスト教の葬儀

神父や牧師が立ち会い神に祈るという内容の葬儀です。カトリックやプロテスタントに宗派が分かれ、それぞれ葬儀の手順が違います。

無宗教の葬儀

文字通り特定の宗教の作法によらない葬儀です。この葬儀でポピュラーになっているのが音楽葬です。故人が生前好きだった音楽を流しながら葬儀を進めるというスタイルです。

葬儀の流れが知りたい

葬儀を経験したことがない場合、葬儀の流れが分からないので不安に思いがちです。そのような方のために葬儀の基本的なフローを記載しました。なお世田谷には色んなプランを設定している業者がたくさんありますので、葬儀プランが決まっていましたら業者へ直接流れについて聞くとよいでしょう。

葬儀の一般的な流れ

香典

安置

ドライアイスの処置を行い、遺体を自宅や葬儀会場などに安置します。葬儀会場に安置する場合は予め納棺することが必要です。

死化粧

遺体にメイクを施します。不自然にならないよう細心の注意を払ってメイクをします。また場合によっては着せ替えもします。

葬儀の打ち合わせ

葬儀をつつがなく進めるために打ち合わせをします。後でトラブルが起きないよう徹底的に打ち合わせしましょう。分からないことがあれば遠慮なく質問するのが大切です。

通夜

僧侶がお経をあげ、遺族や親族、参列者が焼香をします。焼香が終わった後は参列者の方たちに通夜振る舞いをすることになります。

告別式

僧侶にお経をあげていただき、最後のお別れの挨拶をします。告別式が終わった後は霊柩車にご遺体を載せて火葬場で火葬をします。

[PR]
葬儀なら埼玉のプロに頼む
電話一本で駆け付けてくれる

[PR]
川口で葬儀を執り行おう
スタッフが親身にサポートしてくれる

広告募集中